もっといいお店とサービスをお客様に
入社13年目 [販売店フィールドスタッフ] 藤井 和也
―――仕事の面白さや喜びは何ですか?
私は、トヨタ販売店の本部様・店舗様を担当する営業スタッフとして、約1年半活動しています。業務内容は、当社商品のご提案から、イベント企画提案、ショールームの展示・装飾などの売り場環境整備・在庫部品管理などです。新車部門では、オプション用品の装着率アップに向けた提案、サービス部門では、売上単価アップに向けた提案を行っています。昨年は、社内研修の一環で、社外から講師を招き、販売店様ショールームの売り場づくりのお手伝いができる様なカリキュラムを受講しました。もっといいお店づくりという目的で、消費者心理や行動の法則・POP作成など、売り場づくりの基本を学び、店舗様へのショールーム展示のお手伝いをさせて頂き、大変喜んで頂けました。他にも、自分の提案したイベントが採用された時の喜びは、営業の醍醐味だと思います。
―――この仕事で一番楽しかった事・この仕事に就いてよかったと思ったことはどんなことですか?
営業という仕事は大変な事も多いですが、それ以上に嬉しいこと、楽しいこともたくさんあります。例えば、初めてのジェームス店のイベント応援でお客様に当社のグッドイヤータイヤをおすすめした時の事です。最初は、なかなか思いが伝わらず失敗の連続でした。何が足りないのか悩んでいたところ、先輩から売りたい!実績を上げたい!という思いが強すぎて敬遠されているのではないか?とアドバイスを受けました。その言葉に、はっ!! と気付かされました。自分は「お客様が何を望んでいるのか」ということを聴くという重要な事が出来ていなかったのです。その後は、お客様の話を十分に聴くということを意識し接客に務めました。その甲斐あって、5組目のお客様に、初めてグッドイヤータイヤを購入していただくことが出来ました。そして、お客様から「ありがとう。良い買い物をしたよ!」と言っていただき、最高に嬉しかったことを、昨日の事のように覚えています。
―――この会社を選んだ理由を教えてください
もともとクルマやオートバイに興味があり、レース観戦やイベント見学に参加していました。クルマやオートバイに関わる仕事がしたいと思い就職活動を続けていた中で、トヨタ部品四国共販ってどんな会社だろうと興味を持ったのがきっかけです。クルマ好きじゃないと勤まらない?という事を気にする必要はありません。一つ一つの部品の役割が分かっていく中で、興味が湧いてどんどんクルマ好きになって行くと思います。クルマにとって不可欠な部品を提供し、トヨタ車のオーナー様へ「最高の品質」と「安心」を提供でき、支えているという仕事内容に魅力を感じたことが一番の理由です。
―――入社してから現在までのキャリアを教えてください
店頭・物流(3年)→ 外販(9年)→ 販売店(現職・今で1年6カ月)
―――就職活動のアドバイスをお願いします
今しかできない多くの経験を積んで、自分自身としっかり向き合って欲しいです。 自分の可能性を限定することなく、様々な業界・業種に目を向け広い視野を持って就職活動に取組み、「情熱を持てる仕事=理想の会社」を見つけてほしいと思います。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています!
目標を達成する楽しさ
入社4年目 [営業スタッフ] 山口 智弘
―――仕事の面白さや喜びは何ですか?
私は、部品商や修理工場のお客様を担当する営業スタッフとして活動しています。
この仕事では、今まで納入されてなかった商品が納入できた時や、それがよく売れだした時に喜びを感じます。また、お客様を訪問していく中で、最初はぎこちない感じだったのが、徐々にうまく話すことができるようになり、仕事の話はもちろん、それ以外のたわいもない話をしている時が面白いです。お客様と良い人間関係を築けるようになると、そこから商品の商談へ結びつき、自分の力で売上が上がるのでとてもやりがいがありますし、そういうところが面白いと思います。
―――この仕事で一番楽しかった事・この仕事に就いてよかったと思ったことはどんなことですか?
現職になってまだ半年とまだまだ経験は浅くわからないことだらけですが、先輩方やお客様の力を借りながら営業している時は素直に楽しいです。以前は物流管理部に在籍し、全体目標はありましたが個人目標というものはなかったため、営業スタッフとなり個人目標に向かって活動して毎日は非常に充実していると感じます。その中で目標を達成できた時や同じ外販の社員の中で一番をとれた時は、嬉しいですし、とても達成感があります。また、先輩方とあと目標までどれくらい等の会話をしながら、同じグループみんなで目標達成に向かって切磋琢磨して頑張っていく職場の雰囲気がとても好きですし、そういう時にこの仕事に就いてよかったなと感じます。
―――この会社を選んだ理由を教えてください
私は大学で関西の方に行っていましたが、就職は地元に帰ってしたいと考えていました。就職活動をする上で、最初は何もわからない状態でしたが、色々と調べていくうちに、自分の知っている会社名の「トヨタ」の名前が付いている会社が地元の愛媛にあるんだと知り、この会社に興味を持ちました。そこから、どんな仕事をしている会社か等を自分なりに調べていく内に、この会社に入りたいと思うようになり、説明会等に参加し、入社しました。
―――入社してから現在までのキャリアを教えてください
商管(2年)→在庫管理(1年)→店頭(半年)→外販(現職・現在半年)
―――就職活動のアドバイスをお願いします
最初はわからないことばかりだと思うので、自分の知っている企業や興味のある分野の企業等、多くの会社を調べみてください。その中で、自分に合っているかもとおもうような企業があれば積極的に説明会やイベントに参加していけば、良い会社と巡り合うと思います。がんばってください。
お客様のお役に立てる喜び
入社11年目 [店頭スタッフ] 伊藤 宏美
―――仕事の面白さや喜びは何ですか?
主に販売店や修理工場のお客様からの電話やFAXでの部品問い合わせや受注の対応をしています。この部署に転勤してくるまでは車のことを全く知らず、最初は電話で話すお客様の言葉が聞いたことのない呪文のようでした。毎日かかってくる電話を応対して行く中で、お客様や上司・先輩方に指導してもらいながら少しずつ部品のことを覚えていきました。わからないことだらけで部品を間違えてお客様にお叱りを受けることもあり電話に出るのが怖かった時期もありましたが、少しずつ慣れてお客様との電話のやりとりもスムーズにできるようになってきました。まだまだ日々勉強の毎日ですが、できることを増やし自分の成長を感じられる仕事だと思っています。
―――この仕事で一番楽しかった事・この仕事に就いてよかったと思ったことはどんなことですか?
来たばかりの頃はお客様からの1回の問い合わせに対してとても時間がかかっていました。わからないことが多く周りの先輩に質問してから回答していたのでどうしても対応が遅くなっていました。どんなことでも一生懸命しているのがわかってもらえたのか、少し気難しいお客様から電話でご指名頂けるようになった時、とても嬉しかったことを覚えています。またそんなお客様から「ありがとう。助かったよ。」と言って頂けた時はこの仕事をしていてよかったなと思います。
―――この会社を選んだ理由を教えてください
少しでも誰かの役に立つ仕事がしたいと思い、自分にはどんなことが向いているだろうと考えて就職活動していたと思います。この会社を選んだ理由としてはトヨタというブランドと、福利厚生がしっかりしているだろうということもありましたがトヨタ車に乗っている全てのお客様に対し、縁の下の力持ちのような役割をしている当社はなくてはならない存在だと思い、また誰かの役に立てるのではないかと思いこの会社を選びました。
―――入社してから現在までのキャリアを教えてください
総務(2年)→営業企画(1年)→経理(2年)→店頭(現職・今年で6年目)
―――就職活動のアドバイスをお願いします
私は主に自動車関連の会社を中心に就職活動を考えていました。合同会社説明会や企業の会社説明会へ行って、人事担当の方と会話する中で、自分が働けそうな職場の雰囲気か、合いそうな人達かなどを見てエントリーするかどうか判断しました。私の経験から先に業種を限定することなく様々な企業を見てみることで、自分と合う職場に出会えるのではないかと思います。前向きに明るく頑張ってください。
大きな充実感のある仕事
入社1年目 [商管スタッフ] 尾﨑 聖史朗
―――仕事の面白さや喜びは何ですか?
私は、物流管理部商品管理Gに所属しており、主に商品の入庫・出庫作業を担当しています。主な仕事は2つです。
・メーカーから送られてくる数千もの商品を仕分け、決められた場所へ入庫する作業
・お客様が注文された商品を正確に出庫し、お客様のところへ迅速に送り出す作業
私の担当している仕事は、物流会社である当社の基本であり、自分の仕事が滞ることは、お客様とのトラブルにもつながりかねない為、非常に責任の重い仕事です。しかし、その分ミスなく仕事をやり切った時は、大きな充実感を得られます。
―――この仕事で一番楽しかった事・この仕事に就いてよかったと思ったことはどんなことですか?
一番印象に残っている仕事は、出庫作業の改善を行なったことです。物流センターでは、月ごとに何件ミスが発生しているか記録しています。月に数件、多いときは10件以上のミスが発生していました。そこで、一から作業の流れを見直し、手本となる手順書を作成しました。その結果、ミスは以前の半分ほどに削減することに成功しました。自分が行った改善がこうして数字に表れるのは、自分の努力が実ったことを実感でき、この仕事の大きな魅力の一つだと思います。
―――この会社を選んだ理由を教えてください
地元は高知県、大学4年間は愛媛県で過ごし、どちらかの県での就職を考えていました。また、もともと営業系の仕事に興味があり、その中でも昔から好きだった自動車関連の仕事がしたいと思い、これらの条件を基に就職活動を行なっていました。その中で、自動車世界シェアNo.1のトヨタ車の商品を扱うことは、自分も誇りを高く持って仕事ができると思い、この会社を選びました。
―――入社してから現在までのキャリアを教えてください
商品管理(1年目)
―――就職活動のアドバイスをお願いします
視野を広く持ち、常にアンテナを張ることで、自分の本当にやりたいことが見えてくるはずです。
私の場合も、ある程度の方向性は見えていましたが、幅広く様々な業界や職種を見ることで、本格的に今の業界に絞ることが出来ました。
自分が納得のいく最後まで、悔いのないように頑張ってください。
様々な業務を担当でき、経験を生かせる
入社11年目 [本部スタッフ] 小川 祐司
―――仕事の面白さや喜びは何ですか?
当社が企画し、お客様に案内する施策やキャンペーンを立案・展開する仕事をしています。 特に、トヨタ車購入時に装着される新車用品を担当しています。担当した施策やキャンペーンが上手くいけば会社の売上を伸ばすことができるので達成感があります。一方で、上手くいかなければどこに問題があったのか分析して、次の施策につなげなければなりません。上司・先輩・現場の営業スタッフ等の意見を取り入れながら、より良い企画を立てたいと思っています。ときにはお客様・社内からお叱りを受けることもありますが、失敗から学ぶことも多くやりがいのある仕事です。
―――この仕事で一番楽しかった事・この仕事に就いてよかったと思ったことはどんなことですか?
当社は異動により、業務内容が変わる場合がありますので、前の部署での経験を次の部署で生かすことができます。そして、これまでの自分の経験を踏まえて仕事をし、お客様に感謝されたり認められたりしたときには喜びを感じます。一番嬉しかったのは、3年間務めた外販のときです。これまでの職場で学んだことや、一緒に仕事をした営業スタッフのやり方を参考にして自分なりに精一杯営業活動をしてきました。3年目の冬に「一生懸命やってくれているから小川君のところから買うよ」と言ってもらえました。初めてのことでしたが、少し自分を認めてもらえたような気がしてすごく嬉しかったです。現在は外販営業スタッフから本社企画業務に変わりましたが、過去の経験からお客様にいただいた言葉を自信にして、どんな業務を担当することになっても頑張ればできるという思いで今の仕事に取り組んでいます。
―――この会社を選んだ理由を教えてください
もともと販売業に興味があり、どういう職種が自分に向いているのかと考えていました。学生時代を過ごした神戸は、JR・私鉄と公共機関が充実しておりクルマがなくても生活に不自由は感じませんでした。しかし、帰省先の香川ではクルマがないととても不便なことに改めて気付き、クルマが地域になくてはならないものだと感じました。こうした経緯で、就職活動では自動車関連企業を四国と関西の両方で受けました。自宅の父のクルマが長年トヨタ車だったことでトヨタには愛着があり、トヨタ車に関連する部品を供給する当社ならば地域に役立つ仕事だと思い、当社を選びました。
―――入社してから現在までのキャリアを教えてください
在庫管理(1年半)→商品管理(2年半)→販売店担当(4ヶ月)→店頭(1年8ヶ月)→外販(3年)→外販推進(1年)→営業企画(現職1年目)
―――就職活動のアドバイスをお願いします
まず最初に、自分がどういう職種の仕事に就きたいのかしっかり考えてください。入社した後で、就職活動中に思っていたのと違うと感じることもあると思いますが、そのギャップを少なくするためにもしっかり調べることが大切です。面接では、どうしてその会社に入りたいのか、その会社で何がしたいのか等、自分のやる気を一生懸命伝えてください。私が就職活動で感じたのは、面接官から質問にはきれいな文章や言葉でのやりとりではなく自分の強い思いや前向きな姿勢を見られていたような気がします。諦めずに最後までやり抜いてください。
Copyright © トヨタモビリティパーツ株式会社. All Rights Reserved.